リフォームパークは地元のプロに特化した工務店です。
地元のお客様と地元のプロを繋げます。

お役立ち情報

横浜市栄区の古民家再生リフォーム工事×費用×ポイント

横浜市栄区の古民家再生リフォーム工事は地域No.1のリフォームパークで決まり!!

横浜市栄区で古民家再生リフォーム工事をするなら地域密着の専門家集団「リフォームパーク」にお任せ下さい。
リフォームパークは横浜市栄区在籍の古民家再生リフォーム工事の専門職人がどこよりもお客様の要望にあったベストなリフォーム工事をご提供させていただきます。
リフォームパークではお客様に最高のご満足度をいつまでご提供し続けるために、日々精進をし続けています。
横浜市栄区の現地調査・お見積もり、お問い合わせは無料ですのでお気軽にご相談ください。

リフォームパークは古民家再生リフォーム工事に特化した横浜市栄区の職人が工事をするので低価格!!

リフォームパークは他社よりも断然質が良くて驚きの料金で地域満足度No.1

通常リフォーム会社はその工事の専門でなかったり、自社施工をしていなかったり、自社から離れた土地での工事をする業者ですと外注費(下請け・孫請けなど)やマージン料、経費、材料費が膨らんでいき見積もり金額が高くなりがちです。
リフォームパークならこんなに無駄をカットできるかも!?

横浜市栄区近辺の古民家再生リフォーム工事の専門家に問い合わせをする

担当者名: 一般社団法人プライムワンコンサルティング
電話番号: 042-862-2113
メール: syadanhojin.primeone@gmail.com
HP: https://primeoneconsulting.net/remodeling.html
定休日 水曜日
駐車場

無料見積もりを依頼する

※営業電話や営業メールなど工事とは関係のない問い合わせはご遠慮ください。

※些細なことからお気軽にご相談ください。

営業時間

10:00-19:00 ×

最新の施工事例

横浜市栄区のリフォーム事情

横浜市の栄区は、横浜市の南部に位置する東西約7キロほどある東西に長く広がっている横浜行政区の一つです。

栄区の人口に関しては、119,643人と横浜区内の中では下から3番以内となっています。ただし、人口密度に関しては8,102人/km²とやや高めの数字で区面積18.52km²も原因の一つと言えます。ちなみに、人口分布は、高齢化した住人が24.3%となっており横浜区内では高いと言えます。

栄区のエリア別の特徴に関しては、区の中央に㹨川(いたちがわ)が東西に流れており、その東側と南側に三浦半島に連なる丘陵地が囲っています。ちなみに、丘陵地には造成した団地や市民の森と呼ばれている森林公園などもあります。

栄区の交通面では、区の北西地域にJR根岸線が横断しており区の西部には柏尾川に沿って東海道本線と横須賀線が横断しています。ちなみに、区の北部と南部には環状3号道路などが通っています。

古民家再生リフォームはこの土地の特徴にあった工事をすることで様々なことに対応することができます。工事費用だけでなく、将来的にかかる生活費用全体から考えて工事を検討することが良いでしょう。

リフォームパークでは厳選された地元の職人が大切なお客様の建物をご満足いただけるようにしっかりと施工させていただきますのでぜひご利用ください。

横浜市栄区の古民家再生リフォーム工事の価格相場

横浜市栄区で古民家を購入してリフォームしたり、先祖代々受け継がれてきた古民家をリフォームしたりする人々が増えてきています。マスメディアの影響もあって、自分好みの生活をするために移住してくる方も増えてきているので、そうした環境が要因とも言えます。よく古民家再生リフォームっていくらかかるのか、という疑問質問を受けることが多いのですが、正直いくらですと申し上げるのは難しいです。例えば使用できなくなったキッチンとトイレだけを変えるというのであれば、100万以下で工事できますし、素材や設備にこだわってガラリと変えようとすると2,000万、3,000万かかることもあります。ただ平均的に300〜500万程度は最低かかると思っておいた方が良いでしょう。特に古民家の場合、全くメンテナンスをしていなかったりすると雨漏りが原因で外壁や屋根の張替えが必要であったり、電気関係や配管関係が古く1から行う必要があったり、躯体が腐食しているので変えないといけなかったり、目に見えない箇所をリフォームする必要が出ることが多いです。そして、そうした費用はキッチンやお風呂を変えるよりももっと高額になることが多いので、生活できる環境を作るだけで300万以上かかったということもザラにあります。ですので、いまの既存の状態でどれだけ利用できるのか、変えるためには何が必要なのか、一つひとつ調べていき現状をしっかり把握した上で、どのような古民家再生リフォームをしていくのかを検討していくのがいいでしょう。

横浜市栄区で古民家再生リフォーム工事を検討する際の大切なポイント

古民家再生リフォームのメリット・デメリットを知ろう

まずメリットとして挙げられるのは、昔ながらの住まいにしかない、日本独特の趣を持っている、という点です。大きな柱や梁などが見える構造、吹き抜け、縁側、土間といった、古民家ならではの空間を活かし、和モダンなリフォームを行うことも可能です。
使われている素材にも注目してみましょう。
これから入居が可能なほど現在まで残っていた、ということは、使われている材料や建て方に耐久性があった、という証です。古民家の柱や梁にはヒノキやケヤキなどが使われています。強度が落ちるまでに、ヒノキは1200年、ケヤキは800年といわれており、構造のしっかりした建物といえるでしょう。
また、現在では古民家で使用されている材料は入手が困難で、解体時に専門業者が買い取りに来るほど人気の高いものとなっています。
歴史のある建物を残し、建材を再利用することは、資源の保護にも繋がります。
固定資産税の軽減もメリットの1つです。
固定資産税は、築年数により税額が決まります。そのため、既存の建物をリフォームすると、新築に比べ税金を軽減することができます。ただし、自治体によって解釈が異なることも多く、古民家の増築には許可が下りないこともあります。増築を検討している場合は、着工前に各自治体の窓口で必ず相談しておきましょう。
反対にデメリットはどのようなものがあるでしょうか。
耐震性には注意が必要です。古くから地震の多かった日本では、壁や柱、梁の接合部分に細工を施し、揺れを吸収できるようつくられてきました。ですが、現在の住宅耐震基準とは大きく異なります。また、経年により、目に見えない部分の劣化や破損が生じている場合もあります。住宅診断を受け、状態に合わせて補強工事を行いましょう。
古民家は、暑さから室内を保護することを優先的に建てられているものが多く、冷蔵・冷凍の設備が発達していない当時は、風通しや空気の循環が優先的で、天井が高いことも特徴の1つです。
この構造により、夏は快適に過ごせますが、冬場は暖房器具が必須となり、燃料費や電気使用量も高くなってしまいます。
古民家再生リフォームの際には、冬場の寒さ対策にも予算をとっておく必要があります。

古民家を探す際の注意点をしろう

これから中古物件の古民家を購入しリフォームを検討されている場合は、できるだけリフォームしやすい物件を選びましょう。
家の土台や基礎部分の沈下、建物全体の傾き、周りの環境による被害、柱や梁の傷み、屋根の欠陥や吹込みによる雨漏り・雨染みなどをチェックすることが重要です。
構造部分に重大な欠陥がみられる物件は、リフォームや改修・補修工事に高額な費用を必要とします。よほどの思い入れがない限りは、欠陥の多い古民家の購入は避けたほうがよいでしょう。
実際に現地を視察することはもちろん、不動産会社や管理者などから情報を集めておきましょう。
近年では、日本の伝統的な暮らしと現在のライフスタイルを組み合わせる生活様式も人気が高まっています。また、古民家を利用したカフェやギャラリーも人気があり、あらためて評価されています。
居住スペースだけでなく、さまざまなシーンでの可能性を秘めた古民家を、再生・リフォームしてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

お問い合わせ

加盟店募集

一緒に日本最大のリフォームグループに成長させませんか!?
あなたの得意な工事を地元密着で行って売り上げUP!!充実のサポート体制が整っているのでこれまでよりも効率的に売り上げを上げることができます。
あなたの技術力を最大限に活かして、街の人々の生活をリフォームパークでよりよくしましょう!!
あなたの参加を待っています。

お見積り・お問い合わせ

無料で簡単にあなたの街のプロフェッショナルからの見積もりをもらうことができます。
技術力・提案力・価格・評判・アフターなどあらゆる面で厳選された一流の職人がリフォームパークには揃っています。
あなたの理想の工事を実現させるために、まずはお気軽にお問い合わせ・見積もりを依頼してみましょう。

地域から探す

施工を選択

×

モーダルを閉じる

お役立ち情報

リフォームやリノベーションなど様々な工事をする際に、気をつけておかなければいけないことや人気の商品など
皆様にとってお得な情報が満載です。
あなたの街のためになる情報をゲットして、より快適な工事を行って下さい。

×